展覧会

平成30年度
愛知県芸術文化選奨受賞記念

九代 長江 惣吉

2020年3月21日(土) 矢印 4月12(日)

11:00 – 18:00 [月・火 休廊]

 

長江惣吉:曜変を語る 3月29日(日) 14:00~
※ 事前のお申込みは不要です。

時節柄、中止とさせて頂きます。

1963 愛知県瀬戸市生まれ
1983 瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
大阪芸術大学入学
1995 父 八代 長江惣吉の死去に伴い曜変再現研究を継承
1996 中国古陶磁研究会に招請「瀬戸天目陶瓷」論文発表
1998 九代 惣吉襲名
2013 名都美術館にて「長江惣吉作陶展 –曜変天目の再現と創作-」展示
2016 NHK ETV特集「曜変~陶工・魔性の輝きに挑む~」出演
2017 曜変・長江惣吉展/瀬戸市美術館
中国福建省建陽政府より招聘を受け国宝の曜変の分析研究を行う
建陽電視台と福建電視台福建に曜変研究報道にて出演
2018 個展・アートサロン光玄
2019 愛知県芸術文化選奨受賞

曜変天目・瀬戸天目に関する学術論文多数発表

近年世界的に注目度が高まっている“曜変天目”
とりわけ国宝の三碗は垂涎の的で、
昨年 三碗が日本国内で同時に展覧された折には夫々3会場へ
国内外より大勢の方々がご観覧で将に長蛇の列ぶりは圧巻でした

その“国宝 曜変天目”の再現に果敢に挑み続ける
九代 長江惣吉先生-中国の宋時代「福建省建窯」で焼成された、
窯跡周辺の陶土・原料を用いて制作の曜々琖
<幻想的な光彩を放ちオーロラを想起させる作品>は
創作の最たる証左です

長江先生は昨年
平成30年度・愛知県芸術文化選奨の栄誉に輝かれ
此の度は茶碗を主に花生、鉢 など
意欲作によるその記念展でございます

更に進展を目指し 作陶に余念にない作家に
熱いエールをお送り頂きたく
ぜひお運びくださいますよう
ご案内申し上げます

九代 長江 惣吉 展

会期延長のお知らせ
4月19日(日)まで開催いたします。